<   2005年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧
何度見てもこれは‥‥
やっぱり廃人と化しました‥‥>舞-HiME DVD8巻購入
DVDをエンドレスリピートして作業している始末。
静留のシーンになるとつい見入ってしまうので作業が全然捗らない(苦笑)
進藤さん、声と喋り方に温度差ありすぎ。素晴らしい。

しかし23話‥‥。
羨ましかったんだろうなあ‥‥。
罵倒されている内容にはダメージ貰わないだろうけど(でぼちん格好いいですが(笑))
雪之を迷いなく庇うでぼちん。その一つ一つに傷ついて。
消えると気がついても迷わないでぼちん。それと我が身を比べてしまったら。
そりゃ静留は笑うしかないよなあ。


‥‥所で障子越しの例のシーンですが。
初めに見たなつきの布団の敷き方と障子の位置から考えて、頭の方向逆?
雪之、どこから見てたんだろう。
[PR]
by touno_y | 2005-08-30 22:24 | 雑記
なにやってるんだか(^^;)(無駄に長いです)
未発送の商品:
 配送予定日: 2005/8/26 - 2005/8/28

「‥‥‥。」
帰宅後に立ち上げたコンピューター。画面の文字。
カチ、カチ、カチ、カチッ。全ての予約をキャンセル。
昨日まで「8巻を待つ」とか言っていたのに何がスイッチになったのか、物凄く中途半端な強度の堪忍袋の緒である。

飛び出したい気持ちを押さえて、取り急ぎシャワーを浴びる。
今月中に済ませなければならない用事を頭の中で箇条書きにし、計画を立てた。
逸る気持ちを押さえながらバイクに跨がる。
真直ぐ買いに行きたいが、廃人になっていてもいいように用事を済ませてからにしなければ。
本意ではない方向へ、まずは走り出す。

”文章には本人が出る”
そんな言葉が、ふと脳裏を掠めた。

用事を済ませ、大きな都市にある店に向かう。
あの店ならば6巻も7巻もフィギュア付きが残っていた。
絶対に今日中に。──静留。
初回限定がなければ、通常版でも構わない。
だいじょぶか、自分(^^;)と思いつつもバイクの速度は上がっていった。

──ない。
内心で焦りまくる。確実にあると思っていたのに。
並べてある新作DVDを探す目が上手く働かない。
悪い冗談だ。寝不足の身体が少し軋む。
ここで売り切れているということはこの街では買えないかも知れない。
一瞬ぐらりとした。待てない。再入荷までなんて。
注文をキャンセルしたことを悔やんでも遅い。
静留。
とりあえず他の大きなDVDショップに行こう。
自然早足になるが、人目なんてどうでもよかった。

数軒を巡ったが全て売り切れていた。
無理かも知れない。そう思うが、それでも諦められない。
諦めてたまるか!
ここで諦めたらキャンセルした意味がなくなる。
今なんだ。今じゃなきゃ駄目なんだ。
DVD売り場への階段を昇りながら、むきになってそう思った。

──あった‥‥
驚く程鮮明に、目はパッケージを捉えていた。
ふたつ残っていたそれに、何故だかゆっくり近付く。
そうだった。通常版だったら、この箱は手に入らなかったんだ。
命には申し訳ないが、最初に思ったのはそれだった。
安堵しながらレジに向かう。
勢いで一瞬ふたつとも買いそうになったのは御愛嬌(笑)


以上、tounoが舞-HiME DVD8巻を手に入れた、どうでもいい顛末。
なんとなくssを地でいってるような‥‥ orz
探している間、なんだか気分はなつきサン。終わってます(笑)
何だかんだでやっと鑑賞できました。録画していないので嬉しい限り。
(う‥思いきりミスが‥‥こっそり修正(爆))

「アシュラヒメ」も無事到着。
どうも今日はそういう日だった模様。
カシマミさんとタケマルさんの漫画がー(笑)
[PR]
by touno_y | 2005-08-29 22:50 | 雑記
うちかて、怒りますえ?(にっこり)
未発送の商品:
 配送予定日: 2005/8/26 - 2005/8/28

Amazonさん、28日ですよ。今日も未発送ですかそうですか。──静留‥‥orz
‥‥分かった。
DVD8巻が届いたら9巻の予約は速攻で解約。以降予約購入は一切しないことを猛烈に誓う。
(今直ぐ全部解約でないあたりがヘタレです(笑))


リンクをひっそり7つ追加させて頂きました。
またまた、お邪魔して結局作品を見て回ってしまって時間が過ぎました(笑)

思ったこと。
次回作ではセクハラ魔王とまで評される静留のことなのに。
私の創るものって絵も文も色気がない。でもこればっかりは修正難しい(笑)
ごめんな、静留。言葉も変で。
調べてはいるけれど京言葉、ましてや静留語、解らないんだ。orz
(間違いありましたら指摘してやってください)
[PR]
by touno_y | 2005-08-28 20:59 | 雑記
念願の葱チャ
昨晩は念願の葱チャに参加してきました。
お相手してくださってありがとうございます。
なかなかにカオスでした(笑)楽しかったー

各所で芽吹きつつある葱の芽(笑)楽しみにしております。

Eugeneさん、参加者のみなさん、本当にありがとうございました。
[PR]
by touno_y | 2005-08-27 18:24 | 雑記
嬉しすぎて落ち着きません(笑)
先日、舞-HiME SSの「wish」を読んでくださった方から贈り物を頂きました。
匿名で送ってくださったので、お名前を伺いまして。
快く教えてくださいました。

頂いたのは「wish」の冒頭部分の漫画。
「か、格好えー‥‥。 こんな格好いい話書いたかーっ!?」(第一声)
自分で書いた話なのに「続き読みてー!」と素で思ってしまいました(笑)
自分の話を漫画にしてくださる方がいるなんて考えたこともなかったので嬉しいやら驚くやら(笑)
多分、サイトに飾ってもいい、という意味でお返事をくださったと思うのですが
お許しをきちんと頂いたら、ありがたく飾らせて頂きます。


拍手を頂いたり、感想を頂いたり、贈り物まで頂けて。
作品を発表する、というのは「凄い」ことなんだなあ、とつくづく思います。
二次創作、いわば私の妄想ですが(笑)、それに共感してくださる方がいる。
心から感謝します。皆さんに。そして静留となつきに(笑)
これからも、えっちらおっちら頑張ります。


100humさん、本当にどうもありがとうございます!
出来たらまた見せてくださいね!
[PR]
by touno_y | 2005-08-25 21:38 | 雑記
鬼と言うより馬鹿だった>自分
舞-HiME 絵 罪 に載せていたssを完結させました。

当初は1幕目だけ載せていたんですが、自分まで食欲ガタ落ちになってしまい。
‥‥そこまでシンクロしてどうする |||orz



web拍手、ありがとうございます。ほんとに励みになります。
micoさん、ありがとうございます。お心使い感謝いたします。
[PR]
by touno_y | 2005-08-24 16:11 | 雑記
鬼は私や
舞-HiME 絵に「罪」up
女前な静留が描きたかったんですが、さて?
ssの方は、決戦直後くらいのイメージです。
泣き言を言えなそうなタイプだよなあ、と。清姫はある意味別格。

いろんな意味でほんと、女前な人です。


web拍手、ありがとうございますー。
とても嬉しいです。感謝。
[PR]
by touno_y | 2005-08-22 21:06 | 雑記
小心者
サイトにリンクページを追加。
リンクさせて頂きたいサイトを訪れるたび、作品を見直してしまい作業が進まない orz
まるで昔の本の整理のようだ(←結局読み出しちゃって止まらないタイプ)
今後も増えると思います‥‥

とか思っていたら、既にSUNAGIMOさんにリンク貼ってもらっていました。
うあっ。
家はリンクフリーなので構わないのですが。
自分が「凄いなー」と思っている方にリンクして頂いたという事実に動揺してしまいました(笑)

ありがとうございますー、とこんな所で言ってみる。無意味。
[PR]
by touno_y | 2005-08-19 21:33 | 雑記
引っ越しました
サイトを立ち上げて、コンテンツを纏めました。
このブログもリンクしています。

blank
http://blank3.fc2web.com/index.html

左のメニューの「メインサイト」のリンクからも飛べます。


拍手のお礼が素っ気無かったので更新。
[PR]
by touno_y | 2005-08-18 20:45 | 雑記
静留のラフ画
一番初めに描いた、静留のラフ。
絵柄が安定していませんが、私の静留像の一面、面影はあるのでup。
あまりにラフなので描く時に考えていたシチュエーションもss風味で付属。
お暇ならどうぞ。




「ほな、なつき。あんまり無理したらあかんえ?」
「──。」

一緒の帰り道はここまで。
なつきは午前中だけでサボった学校にとんぼ返りをし、PCを借りに生徒会室に寄った。
帰ろうと連れ立って出てきた校舎は、茜色の夕陽に染まっていた。
ちょっと静留を見返して、ふ、と笑うとなつきはバイクを置いた林へ向かって歩きだす。

──なつきのことなら、みぃんな好きやけど。
  ‥‥これだけは、あかんなぁ‥‥

なつきは鞄を無造作に左肩に担ぎ、艶やかな黒髪をなびかせて歩いてゆく。
迷いなく遠ざかって行く後ろ姿は、絶対に静留を振り返ったりしない。
なつきの清しさの中で、静留が唯一苦手なこと。
去ってゆく後ろ姿のなつきは、自分の元からきっぱりと離れてゆくようで、胸が詰まる。
なつきのために浮かべていた笑顔が素に戻る。

自分のこの感情を、真直ぐななつきが受け入れられるはずもない。
それでも想いは、その内に静留を沈めて深くなる。

夕暮れの風の中、なつきの背中はもう遠い。
立ち尽くす静留の、栗色の髪だけが揺れていた。

e0048850_15433951.jpg

[PR]
by touno_y | 2005-08-17 16:07 | 落書き